White Sorcery Label

works; Ayano(medicP) and TenRyuuKou

Unityでゲーム制作

      2014/08/30


Ayano(メディックP)です。
このところ、ツイッターもせず、ネットひきこもりになってた私ですが、
ちょっと体調崩してまして。(ご心配おかけしてすみません)

でも、今は少し持ち直したので、元気に、自分の個人的なゲーム制作に着手しています´∀`)+

誰がお金を出してくれるわけでもない制作なので、未来も貧乏確定なのですけどww、
まぁでも、私はゲームが作りたくて今の職を選んだぐらいだしなー。

それに、なんか色々と切羽詰まってくると、
「あ。これ、やっとかないとな。」
って、思っちゃって。

ならば、やっとこう。たとえ、ものにならなくても。と。

Unityも独学で始めたばかりですし、
まあ、とにかく、音まわり以外は、はじめてのことばかりなので、
まだガッツリ進行してるわけじゃないのですが、
今日のところはこんなかんじの画面とか作ってました。

Ayano(メディックP)が作りかけてるゲームのたたき台ってかんじの画面

Ayano(メディックP)が作りかけてるゲームのたたき台ってかんじの画面

(´∀`) ……。

(´;ω;`)

なんていうかこうorz
ごめん。今の状態じゃ、本質的にマリオと何も違わないかんじorz

でも、見せてみた。

始めたぞーっていう記念にww

ここからどう化けるか、お楽しみに!
(逆に、ちゃぶ台返しもあり得るけどね!?)

【追伸:ちょっとまじめな話】

いままでずっと、某ゲーム会社に所属していた時も、
ゲーム会社なのに、新作のゲームが作りたくて入ったのに、
ナンバリングが多く、作る楽曲は、誰かの味を継承しなければなりませんでした。

それはそれとして、楽しかったりもしたし、いわゆる「やりがい」もありましたが、
本当に自分が当初したかったことか? といえば、少し違和感がありました。

そして、今までは、
こういうゲームが作りたいというビジョンはぼんやりとはあったものの
(まだ今もぼんやりしてるとこはあるけど、でもまぁ、もっとぼんやりしてた)、
『そんな大それたこと、自分には無理』『プログラムとかできない』
『絵とか描けない』『人いないし』『予算ないってか個人で出せる額じゃない』
『というか仕事いまでもキツイのに時間ない』『まだ明確なビジョンがないし』
などなど、
本当にたっっくさん、いろんな理由をつけて、あきらめてました。

そんなことがあったりで。

でもねー、
私の中で、ゲームそのものが消えた日々もありましたけど、
やっぱりあきらめきれない「夢」がそこにあるような気が
今になってしてきたというか、なんというか。

今作ろうとしてるのは、まだそれそのものではなくて、
習作みたいなかんじになるかと思いますが、
日々、コツコツ勉強しつつ、いろんなものを吸収したりしながら、
がんばってみようと思います。応援してやってね!´∀`)ノ

あ。ボーカロイド向けの曲は、気が向いたときに、また作りますよ←
いわゆる引退だとかそういう位置づけではないので、安心してね´∀`)+

The following two tabs change content below.
Ayano (メディックP)
趣味で作詞/作曲、イラスト描き、動画制作、ゲーム制作などしています。ゲームは、WoWを長いことやっていましたが、現在はESOにハマっています。(ESO ID: Loveletter)

 - unity , , , ,