White Sorcery Label

works; Ayano(medicP) and TenRyuuKou

特集【4】:楽曲「ジェットブラック・アビス」制作秘話

      2014/09/14


【インタビュー記事】 White Sorcery Label より、4月に頒布が開始されたアルバム、「最後の竜が愛したこの世界の断片」と同時に頒布が開始されたミニアルバム「ジェットブラック・アビス」。このCDのタイトルにもなっている、楽曲「ジェットブラック・アビス」についての、制作秘話インタビュー記事です。作詞・作曲を担当したAyano(メディックP)氏に話を伺った。

【ジェットブラック・アビス / Ayano(メディックP) feat.結月ゆかり】2ndアルバム収録曲。
※CDには、より高品質の別バージョンが収録されています


(ちなみに、2014年9月現在、Ayano(メディックP)の曲で唯一JOYSOUNDカラオケ化されている楽曲だったりします)

苦手を克服するために作ってみた曲だった

コツゴモリ: ではまず、楽曲のコンセプトを。と思いましたが、すでにニコニコ動画のリスト側にコメントが出されていますね。「ホーン・セクションが苦手だったので練習も兼ねて勢いで作った」と。

Ayano: そうですね。ブラス等が入るアレンジについては、この曲から2年ほど経過した今でも、未だコレという手応えがあまりないというか(苦笑)。

コツゴモリ: なるほど。 ほかに苦手なもの、ありますか?

Ayano: 打ち込みのギター(笑)。とかもう色々ありますよ。打ち込みの処理はほんとに難しい。どんなにがんばったって、生の演奏とは違うし。

コツゴモリ: では、逆に、これが得意、というものを!

Ayano: 無いですね、得意というのは。打ち込んでて楽しいのはドラムとかベースですけど、これが得意だと意識してることは、全く、ひとつもない(苦笑)。

愛鳥との別れ

コツゴモリ: それともうひとつ気になることが。いまそこに触れていいのかわからないですが……

Ayano: あぁ、愛鳥が死んだって話? 構わないですよ、私は。話をきくほうは退屈でしょうけど(笑)。 知らない方のために、何があったか説明しますね。ニコニコとYouTubeにこの曲を投稿した二時間ほど後に、愛鳥の様子がおかしくなったので、すぐに病院に連れていったんだけども、その日の昼に亡くなってしまったんです。続けていいですか?

コツゴモリ: もちろん。気になってたので。

Ayano: このことはものすごく……なんて言えばいいかわからないけど、人生そのものに大変な影響があったと思う。 こちらの活動においては、この曲のあと、約五ヶ月ほど何も作らなかった。というか、作る気にもならなかったし、作ろうとしていたら、多分作れなかったんじゃないかな。 この期間は、時間に対して「自暴自棄」になってたような気がしますね。でも、徐々に立ち直っていけたと思いますよ。多分。

だからまぁ、この「ジェットブラック・アビス」を聴いたり歌ったりすると、サビの「もう届かない。君に伝えたい気持ち、あふれだしてこぼれる……。」のところで、もう、あの子に会えないことを思い出して、本当は泣きたくなる(苦笑)。

でも、そんなふうに思い出すのだって、嫌ではなくてですね。この歌は、あの子と一緒に暮らした思い出の一部ですからね。この歌を作ってた数日の間も、あの子は機嫌が良さそうでしたし。管の音が好きだったり、単にノってたり、私の気持ちを反映してたり、なんか色々あったんでしょうね。

……とまあ、私にとっては、けっこう特別な曲っていう話でした。どの曲にもエピソードはありますけれど、この曲は特に。

コツゴモリ: なるほど。そんな悲しい出来事があったんですね。お話を聞いてからジェットブラック・アビスを聞くと、なにやらグっと胸に伝わってくるものがあります。

JOYSOUNDカラオケ化

コツゴモリ: あと、もうひとつ。この曲はカラオケ化されてますよね。それも、発表されてからずいぶんと経過してから。どんないきさつがあったのか知りたいです。

Ayano: まず、リクエストがあったことを知ったのがすっごく遅かった可能性が。発表してからもう何ヶ月も経過したある日、「そういえば、私の曲は誰かリクエストしてくれてるのかな?」と、気まぐれで検索したら、あった(笑)。 なので、投票できる状態になるのも遅かったんです。それでも、たくさんの方が投票してくださったみたいで。その節は本当にありがとうございました。あ、そうそう、ここでここをみてくださってる皆さんにお願いがあるんですが…

コツゴモリ: なんでしょう?

Ayano: カラオケ化のリクエストをしてくださるのは大歓迎なんです。ただ、そのことが権利者に伝わらないと、次の処理に移ることはないんです。いまのところ、そういう仕組みになっているので、私が、リクエストされたことを知らないままだと、たとえその曲がカラオケ化されてもOKだと私が思っていたとしても、その曲がカラオケ化されることは永久にないんです。なので、リクエストがガチならば、私に直接リクエストしましたと伝えてください。もし、私がその曲はNGだと判断した場合はその先はないけれど、OKだったら、投票が可能になるよう連絡しますので。常に私がチェックするというのは無理があるので、今後も、なにとぞご協力よろしくおねがいします。

コツゴモリ: なるほど、そういう仕組みなんですね。リクエストしたらそのまま権利者に連絡がいくのではないんですね。メディックPさん初のカラオケ配信は、リスナーさんのリクエストから始まったのですね。私もカラオケに行った際は歌わせてもらいますが、単にボーカロイドとして聴くのとはまた違った楽しみがあって、カラオケ化は大歓迎ですね。

次回は、みなさんからの質問に答えます

【次回は】みなさんからの質問に答えます。といっても、一件しか来ていませんが(笑)。

【ご意見・ご感想など】コメントでお気軽にどうぞ!

【文責・編集】コツゴモリCRT
【協力】天龍洸、Ayano(メディックP)

5.関連リンク集

・CDの紹介ページ(委託先は今後増えます)

※Amazonで取り扱い開始されました!
「最後の竜が愛した この世界の断片」
「ジェットブラック・アビス」

・特集【1】:アルバム「最後の竜が愛したこの世界の断片」誕生秘話
・特集【2】:続・アルバム「最後の竜が愛したこの世界の断片」誕生秘話
・特集【3】:続々・アルバム「最後の竜が愛したこの世界の断片」誕生秘話~天龍洸篇
・特集【4】:楽曲「ジェットブラック・アビス」制作秘話

以下は掲載され次第リンクします
・特集【5】:みなさんからの質問にお答えします(仮)
/9月19日(金)ごろに掲載予定

 - special interview , , , , , ,